modify 16


メーターパネル編です。
カーボンメーターパネルはこの時購入済だったんですが、
結構手間がかかることは予想されたので、当然主治医におまかせです。
しかし、まさかココまで・・・って感じで大事になってます(^▽^;)

同時にお願いしてあった大容量インジェクターに交換&セッティングは既に終了してます。




お約束のバルクヘッド残してスカットルを外します。


パネル交換と同時にセンタータコメータにする予定が最初から挫折・・・_ト ̄|○

「スタックは奥行きが小さいから入る」と言う予想を裏切り、
キーシリンダーを外す程度じゃ入りそうもありません。
やはり上側のフレーム加工が必要です。
ハンドルポストを下げる方法も提案しましたが、
キーシリンダーの位置も下がってしまうので、却下されました。

とりあえず切断or溶接などの作業が必要なのは確実です。

ついでにみんカラで話題になってた「ハンドルポストの溶接外れ」もチェックしました。

今のところそのような兆候はありませんでしたが、念のため補強も入れてもらうことにしました。

外したメーターやパイロットランプ類。

よく見ると・・・

ケースが経年劣化でヒビが入っていました。しかも全部・・・_ト ̄|○

と、そこへ鈴商さんに頼んであった新しいメーター類が到着しました♪

そのほか、諸悪の根源のターミナル付近も点検してみましたが、

特に緩みや溶けた跡はありませんでした・・・



ん?・・・・・・・・(^▽^;)

すばらしいコラボレーションです(笑)

最初にタコメーターのスペースを確保

メーターパネルの上のフレームを付け根で切断。
その後、矢印の部分を延長して溶接しました。

ハンドルポストの付け根部分の補強

ココは単純に溶接盛りなおし(^▽^;)

位置決めをしながら穴を開けていきます。



完成品♪要らないスイッチやランプも外し、タコメーター、とても見やすくなりました。

スピードメーターはちょうど中央に行きましたが、
今時センターメーターの車も多いので、特に使いづらいことはありません♪



 

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー