Troubles 2
。・°°・(>_<)・°°・。

何が起きても不思議じゃない。
合言葉は
「しゃ〜ない!バーキンだからっ!」


のはずだったんですが、今回は国産部分が逝ってしまいました(大泣)

数ヶ月前からエンジン付近で金属を叩くような音がしていたんですが
発生源がわからず、そのまま乗り続けていたら
エンジンがお亡くなりになりました。

原因は3番のコンロッドメタルでした。
エンジンをオイルパン側から写しました

左が3番です。3番はメタルが外れて落ちてきてしまったそうです。 同じくアップです。少し傷がありますが、何とかつかえそうなので再使用します。

しかし、コンロッドを外して大変なことがわかってしまいました。

矢印の部分にヒビが入っていました。
今回入ったのか、前からなのかはわかりませんが、
そのまま乗っていたらと思うと((;゚Д゚)ガクガクブルブル

もう一つ、クランクのクラッチ側の写真です。

なぜこんな傷が付いたのかわかりませんが、フライホイールも・・・

こちらは修正して再使用します。


でも、持つべきものは
です。
今回、四国の
nishiiさんが手持ちのクランクを提供してくださいました。

ツーリングの時に落っことしたテールレンズや、もしもの時のために
コンロッドまで送っていただきました。

しかも、今回お世話になってる工場宛にこんなメッセージをつけて・・・

思わず涙が出そうになっちゃったよ・・・



SMPミーティングに参加された方はご存知かも知れませんが、
私の車、炎吹きまくりでしたが、原因はこれ↓

パッキンが破れて、2次エアーを吸ってたそうです。

で、何で新品のパッキンが破れたか?
キャブの振動です。
更になぜ前側のキャブだけか?
キャブとインマニを繋ぐ
スタッドボルトが1本だけ短かったのが原因?のようです。
エンジンマウントを強化品に交換した事も振動を増幅させていたと考えられます。

対策としてスタッドボルトの交換と、ブロックからキャブヘつっかい棒を作ってもらいました。



 

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー